城ヶ島灯台 


 神奈川の建築物百選 # 8


 京浜急行の三崎口駅から

 バスで城ヶ島へ向かう、、、



 城ヶ島大橋を渡って、、、

d0375687_12312506.jpg



 城ヶ島のバス停で下車してから

 歩いて 5 分位で、、、




 
d0375687_12425448.jpg








d0375687_12425456.jpg








d0375687_12461665.jpg









d0375687_12461659.jpg




 城ヶ島灯台

 白色塔形(円形)コンクリート

 造り  高さ11.5㍍

 灯火標高30.1㍍(平均海面灯火)

 実効光度 400,000 カンデラ

 光達距離 153 海里(約28Km)

  初点灯 1870年(明治3年)9月

 


d0375687_12461687.jpg





 建設当初は塔形(円形)の

 レンガ造りであったが

 1923年(大正12)9月1日の

 関東大震災により設置当時の

 灯台は完全に崩壊して

 しまいました。

 
d0375687_15395118.jpg




 その後1926年(大正15年)8月

 白色塔形(円形)コンクリート

 造りで再建され現在まで使用

 されている。


d0375687_15482095.jpg






 1928年(昭和3年)光源が

  アセチレンガスから

   電灯になった。




d0375687_16311039.jpg




 1991年(平成3年)に

   無人化された



 点灯120周年

    記念碑


d0375687_16332970.jpg




 無人化されたので入口のドア

 には鍵が掛けられていて中には

 入れませんでした。



d0375687_16554764.jpg









d0375687_18573267.jpg









d0375687_18573244.jpg








d0375687_18573246.jpg








d0375687_18573338.jpg







 灯台公園からの灯台


d0375687_18573321.jpg




   灯台公園
 


   への


d0375687_19072813.jpg








d0375687_19072854.jpg









d0375687_19072867.jpg








d0375687_19072920.jpg






  白秋碑への入口


d0375687_19114664.jpg



 白秋碑


  はふるふる

    城ヶ島

   利休鼠がふる


d0375687_19114639.jpg




 
 高さ3 ㍍余  下駄の帆型の

 根府川石で城ヶ島の雨の一節の

   草書は白秋の自筆




d0375687_19114668.jpg






 
d0375687_19114603.jpg



d0375687_14362219.jpg



d0375687_15465013.jpg













d0375687_15465042.jpg



 この灯台によって

  120年もの

 船人達の命と貴重な財貨を

 人知れず救って来た功績


   その陰で黙々と

  守って来た灯台職員の

   方々のご苦労に

     感謝

 
d0375687_15465051.jpg

 


 城ヶ島大橋を渡るバスの中で


  無人灯台の光によって


   船人達の安全が


   守れることを


    願いつつ


    城ヶ島を
 

     後に


     しま


     した





[PR]
# by gorilla9qc_t56 | 2018-11-03 07:00 | Comments(1)

称名寺金堂と仁王門

称名寺金堂と仁王門


  神奈川の建築物百選 # 8


 京浜急行の金沢文庫駅から

 バスに乗って称名寺前で下車

 すると直ぐ前が称名寺の赤門



d0375687_13142267.jpg





  朱塗りの赤門をくくると

  桜並木の参道が続き、、、

 


d0375687_13151686.jpg





  参道の突き当たりには

   二階建ての大きな

    仁王門
 
     
      が


d0375687_13151697.jpg





 仁王門の両側には鎌倉時代に

 造られた高さ 4 ㍍ の 大きな

    仁王像

 出迎えてくれます


d0375687_13151711.jpg









d0375687_13151792.jpg








d0375687_14253910.jpg





 
 本堂前は朱塗りの反橋と平橋が

 掛かる浄土式庭園が美しい。


d0375687_14253931.jpg









d0375687_14253970.jpg







d0375687_14313674.jpg






  


d0375687_14325270.jpg






  平橋 と 反橋


d0375687_14325273.jpg




 称名寺は鎌倉時代に北条実時が

   建立したとされる。

   金沢北条氏の菩提寺


     本堂

d0375687_14355438.jpg









d0375687_14355482.jpg









d0375687_14355470.jpg









d0375687_14355508.jpg









d0375687_14355526.jpg









d0375687_14372131.jpg









d0375687_15101929.jpg









d0375687_15111606.jpg









d0375687_15121114.jpg







d0375687_15251871.jpg






  称名寺金堂の本尊

   弥勒菩薩立像


d0375687_15251824.jpg





 

   鐘楼


d0375687_15285886.jpg




 
 歌川広重が描いた金沢八景の

 一つ「称名の晩鐘」


    この鐘楼




d0375687_15285818.jpg






 樹齢 800 年を超えるイチョウの

 葉っぱが台風の時の塩害で

 半分枯れていました。


d0375687_15321492.jpg






  北条実時


d0375687_16191981.jpg









d0375687_16542324.jpg



 称名寺境内をゆっくり見て廻り

  仁王門の前で振り返って

   美しい庭園を目に

    焼き付けて

     称名寺

      を

     あとに

      し

     ました

      



 







[PR]
# by gorilla9qc_t56 | 2018-11-01 07:50 | Comments(0)

 横浜市イギリス館 


   神奈川建築物百選   # 7


 桜木町からバスで港の見える丘

 公園のバス停で下車して、、、



   公園の展望台へ、、、
 
d0375687_08131294.jpg







 展望台からのベイブリッジ

d0375687_08172142.jpg




 横浜市イギリス館は昭和12年

 (1927)年にイギリス公務局

 上海事務所の設計によって

 英国領事官邸として建てられた

 鉄筋コンクリート造り二階建て

 で、建築様式はコロニアル

 スタイルで、旧名称はイギリス

 総領事公邸


 昭和44年に横浜市が取得して

 横浜市イギリス館となった。



d0375687_09025498.jpg







 ローズガ━デン前からの

  横浜市イギリス館

 
d0375687_10153446.jpg







 ローズガーデンの中を通って

 横浜市イギリス館前へ、、、



d0375687_10153456.jpg









d0375687_10224395.jpg










d0375687_10224323.jpg







d0375687_10224379.jpg







   イギリス館の玄関

d0375687_10265959.jpg








d0375687_10265918.jpg








d0375687_10265968.jpg








d0375687_10270028.jpg







  二階への階段


d0375687_10270065.jpg










d0375687_10281765.jpg






 の窓をイメージした

    円窓


d0375687_10281831.jpg









d0375687_10281875.jpg








d0375687_10281816.jpg









d0375687_10293682.jpg









d0375687_10293611.jpg








d0375687_18533434.jpg






 王冠 入りの 銘版

   ジョージ6世の

   ロイヤル サイファ

         (王室の紋章)


d0375687_18533565.jpg





d0375687_19063746.jpg





  ローズガーデン

   中を一巡りして
 
   外観を撮影しました


d0375687_19091163.jpg








d0375687_19091175.jpg








d0375687_19091272.jpg








d0375687_19091278.jpg








d0375687_19091243.jpg








d0375687_19102492.jpg







d0375687_19102547.jpg








d0375687_19102592.jpg










d0375687_19130298.jpg





 噴水の前で一休みしている

   ところに、、、



d0375687_19170689.jpg



    バスが来たので 

   港の見える丘公園の

    バス停をあとに

     しました









   









[PR]
# by gorilla9qc_t56 | 2018-10-30 07:50 | Comments(4)

横浜開港資料館  


  神奈川建築物百選 # 6


 開港資料館はMM21線の

 日本大通り駅から徒歩3分

d0375687_10110549.jpg








 この道路沿いを歩いて、、、

d0375687_10110553.jpg






 開港記念広場の中を通り、

 開港資料館の入口へ、、、


d0375687_10110586.jpg








 正面入口から入ると中庭があり

 新旧の建物がある。中央の古い

 建物はかってイギリス領事館
 
 だった。



d0375687_15111821.jpg







d0375687_15111891.jpg







 この建物は1931(昭和6)年に

 出来た鉄筋コンクリート造り

 三階地下一階、設計はイギリス

 総務省で、資材の多くは本国

 から取り寄せて完工した。



d0375687_15223529.jpg






d0375687_15264166.jpg






 全体的には、イギリス18世紀の

 都市邸宅スタイルで、正面玄関

 には力強く美しいコンクリート

 式柱が左右二本立っている。


d0375687_15264258.jpg









d0375687_15264239.jpg








d0375687_15264392.jpg







d0375687_15283480.jpg







 玄関の内側から見た中庭の

   玉楠の木


d0375687_15283444.jpg






 内部はこの記念ホ━ルだけ

 撮影が許されました。


d0375687_15283476.jpg







  大通り側の新館入口

d0375687_15283529.jpg





 ここには常設展示場のほか

 幕末、開港期から昭和初期

 までの横浜の歴史資料、約

 20万点が収蔵されている。


d0375687_15313228.jpg







 新館中庭側


d0375687_15313397.jpg








d0375687_15313365.jpg








d0375687_16360133.jpg






  玉楠の木

 中庭にある玉楠の木は、江戸時代

 から同地にあり日米和親条約の

 締結は、この玉楠の木の近くで

 行われたと言われている。


d0375687_16360195.jpg


 この玉楠の木

 大正12年の関東大震災によって

 幹の部分を焼失したが、残った

 芽から新たに芽が出て、現在の

 ものとなった。

  横浜の歴史を見つめた

    生き証人とも言える。






d0375687_16360218.jpg






   開港広場からの

   横浜開港資料館


d0375687_16415859.jpg















[PR]
# by gorilla9qc_t56 | 2018-10-29 08:15 | Comments(0)

大佛次郎記念館  


 
 神奈川建築物百選 # 5


  桜木町のバスターミナルから

 観光スポット周遊バス

 「赤いくつ号」で、港の見える

 丘公園まで、、、


 
d0375687_18405699.jpg






 
 港の見える丘公園

      の

     展望台


d0375687_18422261.jpg







 展望台ヨコからの

  大佛次郎記念館


d0375687_18430135.jpg








d0375687_18444776.jpg


 




d0375687_18444751.jpg


 
 港の見える丘公園、展望台の

 南側に沈床花壇の奥にア-━チ

 型の屋根と赤レンガ色の外観が

   ひときわ目立つ舘が

    大佛次郎記念館


  設計は浦辺鎮太郎による


d0375687_18444851.jpg







d0375687_18444817.jpg







d0375687_18444836.jpg








d0375687_18471083.jpg






  記念館

  ア━チ型の屋根と

  赤レンガが特徴的な

    二階建ての建物


d0375687_19043450.jpg







d0375687_19043422.jpg







d0375687_19043518.jpg





 大佛次郎の没後、遺族より

 蔵書や愛用品などの寄贈を

 受けた横浜市が、それらを

 収める施設として大佛次郎の

 作品の「霧笛」や「帰郷』の

 舞台となった横浜市の山手に

 記念館を建設し、1978年

 (昭和53年)5 月 1日に 

    会館した

 


d0375687_19043570.jpg






  記念館の入口


d0375687_19043517.jpg




  大佛次郎は学生時代から

  フランス文学や歴史への

  関心が強く愛猫家だった

  入館するとすぐに

    猫の像




d0375687_19060844.jpg





 ステンドグラス
 
 白
大理石

  レンガタイルの

  フランス国旗の三色を

  イメージしています




d0375687_19060884.jpg








d0375687_19060896.jpg








d0375687_19083529.jpg







d0375687_19083655.jpg








d0375687_19083666.jpg







d0375687_19111905.jpg








d0375687_19111945.jpg







d0375687_19111941.jpg








  大佛次郎の像

d0375687_19112096.jpg








d0375687_19112009.jpg








d0375687_19163255.jpg








d0375687_19163398.jpg







d0375687_19163334.jpg




 大佛次郎が大好きだった

      

  その猫の像に見送られて

     
    記念館をあとに

      
      しまし


       た















[PR]
# by gorilla9qc_t56 | 2018-10-27 13:10 | Comments(2)